トップページ >  法人のお客さま  >  経営情報誌「住人十色」  >  ペットオーナーが住まいに求めること 第1回

経営情報誌「住人十色」

シリーズ1 住まいの「数字」

ペットオーナーが住まいに求めること 第1回

明治産業[戦略企画チーム]では、2008年12月からニュースレター編集プロジェクトを発起。そして、今月この「住人十色」が誕生しました。月1回発行で、これまで弊社スタッフがお取引させて頂いてきたお得意様、また様々な情報をご提供頂けるご協力者の皆さまに、ご恩返しと、経営発展の一助となるような情報をご提供していく所存です。

さて、記念すべきこの第1号では、ペット共生型マンションなどに代表されますように、最近何かと話題の「ペットと住まい」に関する情報です。

弊社では、全国50万人を超える消費者・生活者にダイレクトにWEBアンケートを実施できる戦略情報インフラを整えております。これを活用いたしまして、先月「ペットと住まいに関するアンケート」を実施しました。

「ペットと住まいに関するアンケート」

  • Q01. 現在住まれている住宅は?
  • Q02. ペットを現在飼っていますか?
  • Q03. 今まで・現在飼っているペットは何ですか?飼う予定のある方もお答えください。
  • Q04. ペットを飼う上で、気になることは?
  • <中略>
  • Q09. ペットを飼いたいが飼えない方にお尋ねいたします。ペットを飼えない・飼わない事情を教えてください。
  • Q10. ペットを飼う予定がない方・興味がない方で、飼わない理由は何ですか?
  • Q11. 飼われていない方で、ペットを飼っている方に対して、気をつけて欲しいと思うポイントは?
  • Q12. ここからの質問は、集合住宅の「ペット可」の物件にお住まいで、ペットを飼われている方にお尋ねします。現在のお住まいに満足されていますか?
  • Q13. 問12で(1)満足と答えられた方に、お尋ねいたします。満足と感じるポイントはどこですか?
  • Q14. 問12で(2)満足していないとお答えいただいた方にお尋ねします。満足していないポイントはどこですか?
  • Q15. ペットの設備として、このようなものがあれば良いと思うものは何ですか?
  • Q16. ペットを飼う予定の無い方・興味のない方で「ペット可」の物件に住むことに抵抗はありますか?
  • Q17. ペットについて利用してみたいサービスや施設、やってみたいことはなんですか?
  • Q18. ペットについての情報源は何ですか?

ペット可のマンションが増えているとはいえ、それはあくまで潜在顧客(入居者)への媚態であって、本当にペットオーナーのことを考えた環境づくりではありません。生活者アンケートによって、そういうことが見えてきます。

右のグラフのように、639人のうち約半数が現在ペットを飼っています。「飼っていない」と答えた人のほとんどが、過去に何らかのペットを飼っていた経験を持っていたデータも分かっています。つまり、「飼っていない」「飼いたいが飼えない」「飼う予定がある」を併せると、実に97%もの人がペットを飼うことに対して興味があるということが分かります。

少なく見積もっても、80%超の人がペットと関わりを持って生活することに抵抗を感じない。むしろ、環境さえ許せばペットと生活したいと考えているのです。現在の住環境はもはやペットとの共生なくては語ることができません。いまだにペット共生型マンションなどのコンセプトが目新しいものとしてメディアで取り上げられていますが、作り手側の発想・論理は時代遅れの感があります。ペットに関していえば、消費者のニーズはすでに一歩も二歩も先を行っていると言えます。

現状の日本の集合住宅では、ペットと共同生活をすると様々な不便・不具合が生じます。それは、ペットへのしつけや、ペットオーナー自身のマナー改善だけでは解決できません。臭くない糞尿はありませんし、吠えない犬はいません。ペットを飼っている家と飼っていない家が良好な関係を形成するには、努力と理解に加えて、それを支える生活インフラが必ず必要なのです。

右のデータがそれを証明しています。

「ペット可」の集合住宅に住んでいるにも関わらず、ペットを飼っている人の43%は不満・不便を感じています。

そのうちの25%は、「部屋の広さがペットを飼うのに適していない」と感じています。「そもそも狭いのだからペットを飼うべきでない」という意見がありますが、ペットオーナーは自分のペットを家族だと思っています。ペットと共同生活をする人にとって日本の共同住宅は狭すぎるのでしょう。それには、低いコストで広い住宅を建築できる、新しい建材の開発、建築技術やデザインの改善が急務になってくるのではないでしょうか。また、ペットオーナーにとって便利なアイテム・設備が付帯していないというポイントも大きな不満点として挙げられています。現状のままでも充分に付加価値を付けられる、つまり住宅・不動産業界においてビジネスチャンスが広がっているということが、このデータで分かります。

グラフ:ペットを飼っているか?

グラフ:「ペット可」の集合住宅にお住まいでペットを飼われている方にお尋ねします。現在のお住まいに満足されていますか?

グラフ:満足しているポイント・満足していないポイント

次回は、ペットオーナーが何を求めているのかを具体的に見ていきましょう。

お問い合わせ

お問い合わせ、ご相談のご依頼などは、インターネットおよびお電話にて承っております。

インターネットでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

092-736-7711 受付時間:平日10:00~17:00

ページの先頭へ戻る