トップページ >  個人のお客さま  >  LPガスについて  >  LPガスとは?

LPガスとは?

人にやさしい、環境にうれしい、LPガスを知ってください

LPガスってどのようなエネルギー?

LPガスとは、Liquefied Petroleum Gas(=液化石油ガス)の略称です。ブタンやプロパンなどを主成分としている液化された液化石油ガスで、安全のために特殊な臭いをつけてあります。一方、都市ガスはメタンなどを主成分とする天然ガスで、パイプラインのように配管を張り巡らせて供給されます。LPガスはボンベ・バルクを使用してご家庭に届けられ、発熱量が大きく、操作も簡単な使いやすいエネルギーです。

LPガスと都市ガスの供給方法の違い

図:LPガスと都市ガスの供給方法の違い

LPガスの3つのメリット

1. 熱効率がよく高火力で本格的なお料理も手早く

LPガスは、都市ガスの標準熱量に対して倍以上のカロリーをもっています。つまり、同じガス量を消費しても発生する熱量はLPガスの方が高く、早く効率的に調理できます。また、火力が強いから食材の本来の味を引き出すことができるため、本格的なお料理で食卓をより楽しく演出することができます。

グラフ:都市ガスとLPガスの火力

写真:ガスコンロ

2. 便利で、供給場所を選ばない災害に強いエネルギー

LPガスはパイプラインを必要としないため供給場所を選びません。しかも、全国すべて同じ規格で作られていますのでLPガス対応の器具であればすぐに使えます。2007年7月16日に起きた「新潟県中越沖地震」を覚えていますか?当時、都市ガスは天災や事故により導管の一部が破壊され供給エリア一体で使用が不可能になったのに対し、安全で持ち運びが便利なプロパンガスが大活躍。供給場所を選ばないLPガスの緊急対応エネルギーとしての実力が実証されました。

グラフ:新潟県中越沖地震におけるライフライン復旧グラフ

3. きめ細かいサポートでLPガスは安全・安心

LPガスは設置したらお客様にまかせるのではなく、安全対策も万全。スタッフの入念な点検作業・対策はもちろん、安全器具の性能向上やマイコンメーターの普及、導管の腐食、損傷防止を徹底して行っています。その結果、年々事故発生率が少なくなり、LPガスの事故件数は都市ガスを下回るようになりました。また、災害発生時の復旧対応が早いことから、最近ではLPガスの設備を導入する公共施設も増えています。

お問い合わせ

お問い合わせ、ご相談のご依頼などは、インターネットおよびお電話にて承っております。

インターネットでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

092-736-7711 受付時間:平日9:00~17:00

ページの先頭へ戻る

〒810-0022 福岡市中央区薬院1-14-5 MG薬院ビル4F TEL 092-736-7711 FAX092-736-7714

Copyright © MEIJI SANGYO Co.,Ltd. All Rights Reserved.